【読みたがる年頃】8月27日

 お店の看板ってぇものは、クッキリした活字体で書いてあるとは限りません。

(飲食店街を歩いていて)
K君 「孫じゃ。」(←いきなり。)
イシ 「はぁあ?」(←少々面倒くさくなってる…)
K君 「あ、あれ、孫じゃす…?」
イシ 「なぬー? また看板読んでるし」
K君 「孫じゃ、とは?」
イシ 「どこ? そんな店名、考えらんないけど…」
K君 「あれです。アレ!」

そこには、思いっきり崩した字体で、「存じや○」と書いてあったのでした…。


→おまけへ!(とんでもないね。)→

←K君メニューへ (え〜?)

←もう帰る!